閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年7月4日 北京 森永 正裕

中国:2014 年、泉州市政府は300万t相当の旧式鉛蓄電池生産能力を淘汰

 安泰科によれば、泉州市政府はこのほど、旧式の立ち遅れた生産能力の淘汰目標を公表した。淘汰目標となるのは鉛蓄電池の極板生産および組立て企業であり、当該事業は福建省のうちほとんどが泉州市に集中している。淘汰される生産能力は極板生産が250万t相当、組立て企業が50万t相当にのぼる。具体的には、泉州日順電源有限公司(組立て)、泉州市華瑞電源有限公司(極板生産)などの名が挙がっている。

 この発表に基づき、泉州市政府は2014 年11 月20 日までに、淘汰対象となる旧式生産設備の本体および生産ラインを全て再生不可のレベルまで解体、他地域への移転が行われない状況の確保と各種検査作業を終了させる予定。

ページトップへ