閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年7月7日 メキシコ 縄田俊之

ニカラグア:ニカラグア鉱業部門の外国直接投資が急増

 2014 年7 月1 日付け業界紙等によると、ニカラグア投資振興機構(PRONicaragua)は、2013 年におけるニカラグア鉱業部門の外国直接投資(FDI)が前年の158百万US$と比べ73%増の274百万US$であったと報告した。

 PRONicaraguaによると、2013 年における鉱業部門のFDIはニカラグアへのFDI総額13.9億US$の20%を占め、工業部門に次ぐ第2 位であった。なお、2012 年における鉱業部門のFDIは同国へのFDI総額12.8億US$の12.3%を占め、工業部門、商業部門、サービス・エネルギー部門に次いで第4 位であった。

 また、エネルギー・鉱山省によると、2013 年における金生産量は前年の6.98 tから9.64 tへと増加し過去7 年間で最高の生産量を記録し、また2013 年における銀生産量は前年の10.2 tから12.6 tへと増加した。

 一方、ニカラグア輸出センター(CETREX)によると、2013 年における金輸出額は前年の423百万US$から増加し436百万US$で、銀輸出額は前年の10.8百万US$から減少し10.1百万US$であった。また、本年1 ~5 月における金輸出額は前年の164百万US$と比べ13%減少、銀輸出額は前年の3.64百万US$と比べ28%減少であった。

 なお、同国では、加B2Gold社が保有するLa Libertad金鉱山及びLimón金鉱山、並びに、Hemco Nicaragua社が保有するBonanza金・銀鉱山が操業中である。

ページトップへ