閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年7月7日 メキシコ 縄田俊之

ホンジュラス:天然資源環境省、2014年における鉱業輸出額の大幅増加を予測

 2014 年7 月2 日付け業界紙等によると、Carlos Pineda天然資源環境副大臣は、2014年における鉱業輸出額が2013 年の475百万US$を大幅に上回る900百万US$に達する見通しである旨を明らかにした。

 天然資源環境省の報告によると、金及び酸化鉄の市況価格下落にもかかわらず、ホンジュラスの主要鉱業生産は急激な増加が期待される。

 一方、ホンジュラス中央銀行が本年3 月に報告した本年1 ~3 月の鉱業輸出額は、前年同期の277百万US$と比べ若干下回る273百万US$であった。また、同中央銀行が本年4 月に報告した本年1 月における鉱業輸出額は前年同月比23.3%減の18.3百万US$であったが、これは酸化鉄の輸出額が増額したものの、金、銀及び亜鉛の輸出額が減少したものによる。

 なお、同国では、ベルギーNyrstar社が保有するEl Mochito多金属鉱山及び加Aura Minerals社が保有するSan Andrés金鉱山が操業中である。

ページトップへ