閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年7月8日 北京 森永 正裕

中国:内モンゴル自治区のレアアース年間採掘総量が大幅増

 安泰科によれば、国土資源部が発表した2014 年度のレアアース鉱石採掘総量規制指標は対前年比15%増の10.5万tであるが、うち内モンゴル自治区の軽希土鉱石指標では対前年比19%増の5.95万tの配分を受けている。また、その全ては包頭鉄鋼公司に配分される。

 内モンゴル自治区は軽希土の“資源大省”として過去数年、レアアース上流企業の統合を進め、優位性のある産業転換と高度化を促進している。これまでの「掘って売る」という旧来型の産業モデルから、レアアースを用いた機能材料や末端実用品の開発、生産にシフトし、付加価値の向上に努めている。

ページトップへ