閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年7月9日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:港湾労働者がストライキ

 メディア報道によると、2014 年7 月8 日から2 日間、労働者によるストライキがチリの10 か所の港で発生した。港湾労働者の権利を拡大し、昼食手当の遡及払いをもたらす法案の議論が下院で合意されたが、その法案の内容が港湾会社に交代要因雇用の余地を与え、労働組合の力を削ぐものとして、労働者側が反発した。ストライキはチリの10 か所の港(San Antonio、Iquique、Chañaral、Caldera、Huasco、San Vicente、Coronel、Liquén、Puerto Montt、Punta Arenas)で実施されたという。

ページトップへ