閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年7月11日 モスクワ 木原栄治

ロシア:政府、Tomtor鉱床利用権をVostok Engineering 社に供与

 2014 年7 月5 日付け地元報道によると、連邦的意義を有するTomtor鉱床Burannyi地下資源鉱区(ヤクーチア)の利用権(ニオブ、レアアース、スカンジウム及び随伴鉱種の探査・採掘目的)がモスクワのVostok Engineering社(Rostec社とICTグループによる合弁企業TriArk Mining社の子会社)に供与された。

 本年5 月に当該鉱床の利用権の競売が実施され、Vostok Engineeriing社が入札開始価格を10%上回る価格で落札した。7 月5 日、メドヴェージェフ首相が競売結果を承認する政府指示書に署名を行った。

 Tomtor鉱床は世界最大級の鉱床であり、予測資源量は鉱石1億5,400万tとされている。

ページトップへ