閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年7月11日 モスクワ 木原栄治

ロシア:Rusgeology社、国家コーポレーションに改編予定

 2014 年7 月9 日付け地元報道によると、国営地質調査企業グループRusgeology社は、資産拡充のため、これまで連邦地下資源利用庁(Rosnedra)の資産であった10社の地質調査・研究・生産企業を取得する。これら企業の資産価値は13億ルーブルで、石油・ガス、ウラン、石炭、固体鉱物、地下水の分野で研究開発と地質調査を行っている。Rusgeology社は2年以内にこれら資産の編入、再編、最新機器の購入、一部人事刷新を行う予定である。統合後、Rusgeology社はRostec社タイプの国家コーポレーションに改編されるか、もしくは5年以内に株式公開を行う。

 Rusgeology社のロマン・パノフCEOは、将来の統合について、「研究・生産・地質調査企業の活動一体化により、ソ連時代には機能していた地質産業を復興させたい。石油・ガスその他鉱物が枯渇する中、鉱物資源基盤の効率的再生にはこれが必要である。目下ロシアのハイテク地質調査市場は外国企業に席巻されている。一つのブランドの傘下に入れば、政府資金や融資を誘致しやすくなる。戦略的分野ゆえに、特に現在の制裁措置の下では、国家安全保障上、国内の地質調査企業を発展させることが重要である。」と述べた。

 同社の試算では、編入される資産の市場価値は景気次第で約5 倍の53億~66億ルーブルに上昇し、連邦予算への配当支払いは5 年間で7億から27億ルーブルに増加する。これは資産の統合、開発コストの削減、設備近代化向け投資の拡大を前提としており、そのために、「2020 年までのRusgeology社発展戦略」に基づき、2014 ~2020 年で約40億ルーブルが支出される予定である。

 Rusgeology社は、地球物理学、掘削、大陸棚調査(Rusgeology-sea社)、測量・モニタリング・探査、研究・生産という5つの専門クラスターに分けられる予定である。同社の2014 年の純利益は6,470万ルーブルと予想され、今後5 年間の投資計画は225億ルーブルである。今回統合する10 社に加え、将来さらに16 社の政府保有分を統合する予定であり、そこにはGazprom社やRosneft社の業務を受注している極東やムルマンスクの大陸棚地球物理関係の企業も含まれる。

 Rosnedraのヴァレーリー・パク長官によると、2011 年のRusgeology社設立により、地質調査国家機関の民営化に歯止めがかかり、石油、ガス、固体鉱物資源増加に向けた調査・探査レベルが強化された。

 Rusgeology社への統合が予定される企業は以下の通りである。

1. FSUE(連邦国家単一企業)”All-Russian Research Institute of Hydrogeology and Engineering Geology” (略称VSEGINGEO、モスクワ州ノギンスク地区ゼリョーヌィ町)

2. FGUNPP(連邦国家単一研究生産企業)”Geologorazvedka”(サンクトペテルブルク市)

3. FSUE “Nizhnevolzhsky Scientific & Research Institute of Geology and Geophysics “(NVNIIGG、サラトフ市)

4. FSUE “Siberian Research Institute of Geology, Geophysics and Mineral Resources”(SNIIGGiMS、ノヴォシビルスク市)

5. FSUE “All-Russia Petroleum Research Exploration Institute” (VNIGRI、サンクトペテルブルク市)

6. FSUE “Russian Research Geological Prospecting Institute of Coal Deposits” (VNIGRIugol、 ロストフナドヌー市)

7. FGUNPP “Polar Marine Geosurvey Expedition”(PMGE、サンクトペテルブルク市)

8. FGUGP(連邦国家単一地質企業) “Urangeologorazvedka”(Urangeo、モスクワ市)

9. FGUNPP “Aerogeologiya”(モスクワ市)

10. SSC(ロシア連邦国家研究センター)FGUGP “Southern Scientific and Production Association for Marine Geological Operations”(Yuzhmorgeologiya、クラスノダール地方ゲレンジク市)

ページトップへ