閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年7月14日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Grupo México社、自社保有鉱山におけるレアアース採鉱の可能性を検討

2014 年7 月7 日付け業界紙等によると、Grupo México社は、Sonora州及びChihuahua州に保有する鉱山においてレアアース採鉱の可能性を検討する旨を明らかにした。 同社によると、Oaxaca州及びChiapas州においてもレアアースに係る予備探査を実施し鉱床を捕捉しており、また、レアアース探査・探鉱のための人材育成や技術的支援も検討している。その他として、中期的には韓国向けのレアアース供給の可能性も視野に入れている。 一方、鉱業界の関係者によると、パラジウムや白金といった貴金属やレアアースは新たな収入源となり得ることから、鉱業企業がこれらに注目することは良策と考える。また、鉱業企業は、探鉱の収益性を向上させる技術や戦略的なパートナーとの協調により、商売となり得る新たな鉱床を開発する可能性を有す。

ページトップへ