閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年7月21日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:El Boleo多金属プロジェクトのコスト超過に係るインサイダー取引で告発

 2014 年7 月14 日付け業界紙等によると、加Baja Mining社(本社:バンクーバー)及び韓国コンソーシアム(韓国鉱物資源公社(KORES)が筆頭)が共に資本参画するEl Boleo多金属プロジェクト(Baja California Sur州。権益比率は韓国コンソーシアム:90% 、Baja Mining社: 10%)に関し、香港在住のアナリストが、同プロジェクトのコスト超過に関連したインサイダー取引に関与したとして加British Columbia州証券取引委員会において告発された旨を報じた。

 Baja Mining社の株式を保有するMount Kellett Cpital社が、同プロジェクトのコスト超過によりBaja Mining社が更にコスト負担を強いられる状況を踏まえ、保有するBaja Mining社の株式を売却するに当たり、同アナリストがインサイダー取引に関与したとされている。

 同プロジェクトに関しては、本年6 月にBaja Mining社が、開発工事に係る労働者不足の問題が依然として解決されていないことと、資機材納入が遅れていることにより、操業開始を更に遅延する旨を明らかにしたほか、本年5 月にはプロジェクト管理会社であるMinera y Metalurgica del Boleo社の取締役会において、同プロジェクトの初期開発コストを18.8億US$へ増額することが承認される等プロジェクト開発の難航が示されている。

ページトップへ