閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2014年7月22日 北京 森永正裕

中国:2014 年非鉄金属業界の旧式生産能力の淘汰任務を発表

 安泰科によれば、工業情報化部はこのほど、2014 年の各産業界における旧式の立ち遅れた生産能力および過剰生産能力の淘汰任務(第1 期)に関する通達を発布した。

 同通達は、電解アルミニウム、銅製錬(再生銅を含む)、鉛製錬(再生鉛を含む)、鉛蓄電池(極板および組立)等、15 の大規模業種に及んでいる。うち、鉛の淘汰任務は35万6,000 t、電解アルミニウム47万8,500 t、銅72万5,600 t、鉛蓄電池極板848万kWh相当、鉛蓄電池組立て531万kWh相当、などとなっている。

 2013 年の淘汰任務と比較すると、新規に増加する亜鉛製錬業界の淘汰任務は取り消されている。同産業の2013 年の淘汰任務は比較的緩やかな14.3万tであり目標を達成している。

 他業種の淘汰任務の達成状況はそれぞれ異なる。2014 年の鉛製錬業界および鉛蓄電池業界の淘汰任務が半減している。一方、電解アルミニウムの淘汰任務は最も重く、ほぼ2013 年の淘汰目標の2 倍になっている。また銅製錬の淘汰目標も2013 年に比べ若干の増加となっている。

 2013 年に実施された3 期分の淘汰任務の達成状況は、銅(再生銅を含む)製錬66万5,000 t、電解アルミニウム27万3,000 t、亜鉛(再生亜鉛を含む)14万3,000 t、鉛(再生鉛を含む)製錬87万9,000 t、鉛蓄電池極板1,420万kWh相当、鉛蓄電池組立ては1,067万kWh相当となっている。

ページトップへ