閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 鉄鉱石
2014年7月25日 北京 森永正裕

中国:アジア最大となる鉄合金生産基地が涪陵で建設工事を開始

 安泰科によれば、重慶博賽鉱業(集団)有限公司(Chongqing bosai mining (Group) Co. Ltd.)の合金鉄プロジェクトが、涪陵清渓再生非鉄金属特色産業園区(重慶市)において建設工事を開始した。同集団は30億元を投入する予定で、工期は2 期に分かれ、年間生産能力100万tのシリコン、マンガンおよびフェロクロム生産基地を建設する。完成すれば、アジア最大の合金鉄生産基地となる。 情報によると、博賽涪陵合金鉄プロジェクトへの投資総額は30億元、国内最新の生産工程や設備を採用し、2 期に分け、合金鉄年間生産能力100万tになる生産基地を建設する。第1期は生産規模50万t、シリコン、マンガンおよびフェロクロムの生産プロジェクトで、2015 年7 月に建設完了し稼動する予定。第1期分の年間生産額は40億元、税込み収入額は2億元となる見込みで、800 人の雇用を創出する。 同プロジェクトの建設完了、稼動後は、技術、設備ともに国内最新鋭、省エネ環境保護、循環型経済の実現へ向けたアジア最大かつ最先端の合金鉄生産基地となる。

ページトップへ