閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年7月28日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:直近6 か月で探査プロジェクト数が半減

 2014 年7 月24 日付け業界紙等によると、メキシコにおける探査プロジェクト数が、金属市況の下落や本年1 月に施行された鉱業特別税等の影響により、直近6 か月で約800 件から約400 件へと半減した。

 メキシコ鉱業会議所(CAMIMEX)のHumberto Gutiérrez-olvera Zubizarreta会頭によると、昨年10 月末に可決成立した鉱業税制改革による税額控除対象の縮小も、メキシコにおける探査プロジェクトの停止又は中止をもたらす原因となり、本年におけるメキシコの探査支出総額は2013 年の709百万US$から602百万US$へと大幅に減少する見通しである。仮に現在の探査プロジェクトの減少が継続するならば、3 年以内には開発又は投資に繋がるプロジェクトは枯渇する見込みである。

ページトップへ