閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年7月28日 ロンドン 北野由佳

タンザニア:Mtonyaウラン探鉱プロジェクト、ウラン市場の低迷によりボーリングプログラムを延期

 Uranium Resources plcは2014 年7 月21 日、タンザニア南部に位置するMtonyaウラン探鉱プロジェクトに関して、ボーリングプログラムの実施を延期すると発表した。ウラン市場のファンダメンタルズ(基本的条件)が改善し、Mtonyaプロジェクトの経済性が市場により広く認識されれば再びボーリングプログラムが開始される予定である。同社のAlex Gostevskikh社長は「役員会はウランのISR(原位置回収)が可能な世界クラスの鉱床であるとしてMtonyaプロジェクトの経済性を理解しているが、ウラン探鉱市場に対する悲観的な認識が引き続き見られる。」とコメントした。

ページトップへ