閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年8月4日 リマ 岨中真洋

ペルー:エネルギー鉱山省、Tia Maria銅プロジェクトの環境影響評価を承認

 2014 年8 月4 日、エネルギー鉱山省は、Southern Copper社(本社:ペルー)のTia Maria銅プロジェクト(Arequipa州Islay郡)の環境影響評価(EIA)を承認したことを発表した。EIAは2013 年11 月5 日に提出された後、関係各所による審査や指摘に基づいたSouthern Copper社による訂正のほか、市民参加プロセスや公聴会の実施を経て、農業省、保健省、海軍関連機関による合意を取りつけ、今回の承認に至った。

 Tia Maria銅プロジェクトは、2011 年、同プロジェクトに対する抗議行動の激化を受けた前Garcia政権が、「修正不可能な不備」を理由に当時のEIAを却下、プロジェクトエリアからの重機撤去を命じた後、一度中断したが、現政権に移行後新たなEIAの元で承認に向けた作業が行われてきた。

 今回のEIA承認を受けて、今後Southern Copper社は鉱山建設許可の申請や建設業者の入札、資機材の発注等を実施する見通しとなっている。

 同プロジェクトに対する投資額は13億US$で、マインライフは18 年とされる。またLa Tapada及びTia Mariaの2 ヶ所の鉱床から採掘を行い、1 日あたり100,000 tの粗鉱処理を実施、年間120,000 tの銅を生産する計画となっている。

ページトップへ