閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2014年8月12日 北京 森永正裕

中国:2014 年下半期電解アルミニウム生産が急速に伸び、市場における供給不足が緩和

 安泰科によれば、2014 年7 月に、上半期に生産を停止していた電解アルミニウム一部企業、特に西南地域の企業の生産が復旧し始めた。同時に上半期に生産稼動していた電解アルミニウムの新規生産能力も徐々に増加し、下半期に稼動予定の電解アルミニウム企業も7 月に新規生産の準備段階に入っている。

 統計によると、2014 年7 月の中国ボーキサイトの生産量は233万t、年率換算生産量は2,830万tで、対前月比4.3%の増加(対前年同月比15.7%増)であった。8月の予測では、ボーキサイトの生産量は前月比2%増、対前年同月比16.3%増を達成する見込み。その一方、新規投資を行ったアルミニウム企業では資金不足が生じており、アルミニウム価格は上昇するも伸び幅は依然として低い。

 下半期の全体的な動向を見ると、電解アルミニウムの供給は加速し、市場の不足分が徐々に減少していく。だが8月は依然として不足の状況が続き、価格変動に対しても一定の影響が見込まれる。

ページトップへ