閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年8月18日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Durango州、今後5 年間で20億US$の鉱業投資を見込む

 2014 年8 月11 日付け業界紙等によると、Durango州経済開発局長のRicardo O. Navarrete Gomez氏は、同州は今後5 年間で15 件の鉱業プロジェクト(国際的大手鉱業企業による鉱業プロジェクト5 件、小規模鉱山に関連した鉱業プロジェクト10 件)により20億US$の鉱業投資が見込まれる旨を明らかにした。

 同局長によると、本件に関しては、プロジェクトの開発交渉のため同州で活動している各鉱業企業が表明した各プロジェクトに関する情報をもとにしている。これらプロジェクトの操業開始により短期・中期的に見て数千人の雇用が創出されるほか、本年中に操業再開を目指した既存プラント改修に係るプロジェクトも含まれる。また、小規模鉱山に関連した鉱業プロジェクトに関しては、鉱業振興信託(FIFOMI)を通じた金融支援を実施するための手続きとして、同州知事との契約に基づき、開発現場において頻繁に州政府当局と鉱業事業者との間で会合が開催されている。

ページトップへ