閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年8月18日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:メキシコ鉱業投資がラテンアメリカ鉱業を牽引

 2014 年8 月14 日付け業界紙等によると、メキシコ鉱業会議所(CAMIMEX)は、メキシコがチリ及びペルーとともに2013 年における世界全体の鉱業投資額の17%を占め、ラテンアメリカ鉱業を牽引している旨を明らかにした。

 CAMIMEXによると、2013 年における世界全体の鉱業投資額は前年の21,500百万US$から約29%減の15,200百万US$であったが、メキシコ、チリ及びペルーの3 か国で全体の17%を占めた。また、投資額の国別順位は、メキシコが4 位、チリが5 位、ペルーが6 位、ブラジルが9 位であった。なお、鉱業は、他の産業と比べエネルギー価格で不利な状況を被っているほか、メキシコ国内における産業別エネルギー消費量では5 番目である。

ページトップへ