閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年8月20日 北京 森永正裕

中国:工業情報化部、レアアースの違法採掘行為への監督管理に注力

 安泰科によれば、2014年8月7~8日に包頭市で開かれた第6回レアアース産業フォーラムによると、会議に参加した専門家及び会議参加者が、下記の考えを持っているという。

 現在、中国レアアースの密輸問題が依然として深刻であり、個人採掘による利益獲得が多い

 ■ 現在、レアアース価格は最低水準にあり、取引企業は一般的に悲観的な見方をしている

 ■ 協会や政府担当者はレアアース業界への整理整頓の強さに自信を持っている

 ■ レアアース分野では低い価格を保っているが、上昇する傾向がある

 現在、中国レアアース業界では違法採掘・盗掘、違法流通、密輸が深刻化し、市場秩序を妨害しているため、価格は低下し、法律や規則が完備していないため、違法行為や規則違反行為に対し根本から処理できない状況である。工業情報化部が、2014年に監督管理を強化し、地域連動メカニズムを築き、責任追及レベルを拡大し、違法行為を継続的に取り締まる方針を示している。

ページトップへ