閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年8月26日 バンクーバー 山路法宏

加:採取産業による政府への支払いに関する報告義務基準の法令化に合意

 2014年8月24日~26日、ON州サドバリーにおいてカナダ・エネルギー鉱山大臣が主催する年次会合が開催され、出席した連邦、州、準州の各大臣は、近年の会合で合意した行動原則の重要性を再確認すると共に、以下の事項に対して、各州政府が連携を継続する必要性を強調した。

 ① 輸送インフラでの安全な資源の輸送の確保による天然資源の多様化の促進
 ② 天然資源開発における先住民の参加促進
 ③ ジュニア企業の長期間にわたる競争力を高める枠組みの研究
 ④ 責任ある資源供給者およびエネルギー効率と省エネの世界的なリーダー国としての地位向上
 ⑤ 世界的なエネルギー安全保障強化におけるカナダの役割の強化
 ⑥ 調査、技術、革新の向上を通じたカナダの天然資源産業による環境パフォーマンスへの取り組みの促進
 ⑦ 採取産業による政府への支払いに関する報告義務基準の実行

ページトップへ