閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年8月27日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:Antofagasta Minerals社が出資するEl Arrayán風力発電所の開所式が挙行される

2014年8月26日、Bachelet大統領、Pachecoエネルギー大臣、Jean Paul Luksic Antofagasta Minerals社会長、およびMichael Garland Pattern Energy社(米国) CEO出席のもと、サンティアゴの北400km、第IV州コキンボ市近くに建設されたEl Arrayán風力発電所(投資額 3億US$、Antofagasta Minerals社 30%、Pattern Energy社 70%)の開所式が行なわれた。 南米最大の風力発電所として6月12日に本稼働を開始した同発電所の出力は115MWで、発電される電力の70%がLos Pelambres銅鉱山へ供給される。残りの30%はスポット市場で売られる計画。今後20年間、同鉱山へ電力が供給される契約となっており、その供給電力量は、同鉱山での電力消費量の20%に相当する。

ページトップへ