閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年8月27日 バンクーバー 昆野 充登

加:Cameco社、ストライキにより、加McArthur Riverでのウラン生産の一時停止を発表

 2014年8月27日付地元報道によれば、Cameco Corporation(Cameco社)は、労働組合が8月30日にストライキに入ると通知してきたため、SK州McArthur River鉱山及びKey Lake工場の操業を一時停止すると発表した。現在、労働組合側と72時間の交渉に入っている。操業停止により、労働組合員である535人の従業員が影響を受ける。契約交渉は2013年11月に始まったが4年の雇用契約は2013年12月に期限が切れており、今年7月、労働法令に従いCameco社と労働組合が連名で調停を申し入れていた。Cameco社によれば、操業停止による顧客への影響はないとしている。

 カナダのウラン生産量は世界シェア22%であったが、2009年にカザフスタンに生産量で追い越され、足元のウラン価格の低迷などにより生産量が減少していく中、McArthur River鉱山は国内主要鉱山の1つとなっている。

ページトップへ