閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年8月28日 北京 森永正裕

中国:包鋼希土、環境保護改善に8億元投資する計画

 安泰科によれば、包鋼希土は上半期報告書の発表と同時に包鋼株式における新しいプロジェクトに関する投資建設公告を発表した。公告によると、同プロジェクトでは包鋼希土製錬所(以下「製錬所」と略称する)及び包鋼華美レアアースハイテク有限公司(以下「華美公司」と略称する)は、現保有施設において一連の環境保全改善プロジェクトを実施する見込み。

 同プロジェクトは、レアアース生産工程で生じた“三廃(廃水・廃棄ガス・固体廃棄物)”の総合対策処理技術改善工事と呼ばれている。同プロジェクトにおける投資推定額は約7.94億元で、そのうち建設に対する投資額が7.74億元、初期の運転資金は約0.2億元である。今回の環境保護改善対象となる生産能力は、2014年8月18日に中国工業情報化部が発表した2014工業業界における立ち遅れた生産能力及び過剰生産能力の淘汰企業リスト(第2弾)に取り上げている製錬所及び華美公司が含まれている。

ページトップへ