閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2014年9月1日 メキシコ 縄田俊之

ドミニカ共和国:ドミニカ共和国議会、Falcondoニッケル鉱山拡張計画に位置する土地の一部を国立公園に指定する法案を可決

 2014年8月25日付け業界紙等によると、ドミニカ共和国議会上院は、昨年10 月に同国議会下院がFalconbridge Dominicana社が保有するFalcondoニッケル鉱山の拡張計画に位置するLoma Miranda地区を国立公園に指定する法案を可決、承認した案件に関し、本年6月の上院委員会での可決に引き続き、7月27日に上院出席議員29名中、賛成28名による圧倒的多数で可決、承認した。

 同法案は、大統領の署名により発効される。また、既に下院では、同社による同地区での採鉱の禁止又は一部制限する提案が承認されている。

 一方、今回の上院での結果を受け、同社は、同鉱山のニッケル採掘により今後20年間で57億US$の収益が見込まれる旨、同地区の国立公園指定は、同社による同国の学校135校に対する支援と地域住民への飲料水供給を含む社会貢献が失われる旨、また、抑も同地区には絶滅の危惧に晒される動植物も重要な水源も存在しない旨の声明を発表した。同社によると、昨年10月に金属市況の低迷を理由に同鉱山の一時操業停止を表明し現在も操業停止継続中であるが、金属市況が回復次第操業を開始するとともに、同地区での拡張プロジェクトを計画している。

 なお、同社が同国政府を相手取って国際仲裁へ提訴する可能性が強まっている。

ページトップへ