閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2014年9月2日 バンクーバー 山路法宏

加:ValeとGlencore、サドバリー地域におけるニッケル事業のアライアンスが破談

 報道によれば、ValeとGlencoreがそれぞれ操業資産を有するON州サドバリー地域でのニッケル事業において、両社はアライアンスに関する協議を進めていたが、破談となった模様。両社は、Valeが2006年にIncoを、同じく2006年にXstrata(2013年にGlencoreと合併)がFalconbridge買収した事で、サドバリー地域の互いに近接するエリアでニッケル事業を行っている。両社のアライアンス協議は、ニッケル価格の低迷が4年近く続いた2013年後半から開始されていたとみられる。

 しかし、2014年1月にインドネシア政府が新鉱業法下での鉱石輸出禁止政策を予定どおり施行したことで、ニッケル価格は上昇しており、費用削減や改革の必要性が下がったことから、アライアンスの実現には至らなかったようだ。なお、両社はコメントを拒否している。

ページトップへ