閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年9月8日 リマ 岨中真洋

ペルー:Buenaventura社長、妥当な環境規制を要請

 2014年9月5日付け地元紙によると、Buenaventura社のBenavides社長は、環境規制には不明瞭な点が多々あり、企業が環境許認可を取得することは困難をきわめているとコメントした。

 また、環境基準に関しては、製錬所周辺の大気に含まれる二酸化硫黄の許容量を20μg/㎥とするのは行き過ぎており、操業が不可能になる。さらに、水資源局(農業省)や環境省、文化省、エネルギー鉱山省やこれらの管轄機関による許認可の取得プロセスは非常に複雑であるとし、許認可が必要とされるプロジェクトの数が、これら政府機関の処理能力を上回っていることが原因のひとつだとの見方を示した上で、手続きの数を減らすのではなく、手続きの内容を簡易化することが必要だと述べた。

ページトップへ