閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル コバルト
2014年9月10日 北京 森永正裕

中国:国内の一部のコバルト企業は在庫原料を市場販売へ

 安泰科によれば、国内企業は資金面からのプレッシャーを緩和するため、現在、中国国内の少なくとも2社が在庫原料を市場販売している。それによって、国内コバルト原料供給不足の問題を解決できる可能性がある。

 中国東部地域に位置するある大手コバルト企業は、新規プロジェクトの生産稼動に伴い、買い占めたコバルト精鉱及び湿式製錬中間製品を売却していたが、市場状況の悪化により、新規プロジェクトの稼動を延期させた。同社は昨年、調達原料の価格が若干高く、それを利用して生産したコバルト塩を販売すれば、大きな赤字が生じるため、同企業は市場で調達した塩化コバルトを原料として販売する方針に転換した。塩化コバルトを調達するには、6か月の引受期日があり、市場で原料を販売すれば、直接現金を回収できるからである。ただし、同企業の関係者に話を聞いたところ、原料を他者に委託しコバルト塩に加工するだけだと同情報を否定した。

 もう1社の企業は、原料が過剰となっているため、売却したと明示した。

 これらの2社企業は、ともに海外原料供給企業と長期供給契約を締結している。

ページトップへ