閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2014年9月12日 北京 森永正裕

中国:工業情報化部、ニッケル資源における海外開発フォーラムを開催

 安泰科によれば、工業情報化部は、ニッケル資源に関する海外開発フォーラムを開催した。中国特殊鋼企業協会ステンレス部会が招きに応じ会議に出席した。部会常務副会長劉復興氏は、会議で以下四つの見方を説明した。

◆ 中国はニッケル消費大国で、数多くのニッケルをステンレス生産に使用している

◆ 中国はステンレス生産・消費大国で、ニッケル資源はステンレス業界及び国内経済の発展に大きな影響を与える。

◆ インドネシアにおけるニッケル鉱石の輸出禁止政策は、国内のステンレス産業に影響を与え、海外でニッケル資源を獲得することが必要かつ差し迫った課題である。

◆ ステンレス製品構成を改善、調整し、無ニッケル含有・低ニッケル含有ステンレス製品を推進し、ニッケルへの節約政策を実施する

その後、「ニッケル資源の確保及びニッケル資源の海外開発」を会議テーマとし、以下のような具体的提案を提出した。

◆ 国内企業におけるニッケル資源海外開発事業を奨励する。中央政府は、海外進出企業に対し優遇融資政策、財政政策、税収政策、税関政策及び交通面の利便性を提供する。

◆ 数多くの企業が集中的にインドネシアで開発事業を展開しているが、キューバやミャンマーのニッケル資源開発に注目すべきである。

◆ 中央政府は、海外ニッケル資源開発企業のプロセス、経済、環境及び製品基準に対しネガティブリストを作成しなければならない。

◆ 中央政府は“ニッケル節約”政策を実行しなければならない

◆ 中央政府は国レベルのステンレス産業計画、基準及び環境保護政策を定めなければならない。

ページトップへ