閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年9月15日 ジャカルタ 山本耕次

フィリピン:下院委員会、鉱石輸出禁止法案を承認

 2014年9月8日付地元メディアによると、未処理鉱石の輸出禁止に関するフィリピンの2つの法案のうち、同国産鉱石の高付加価値化を目的とする法案は、下院の委員会において承認された。

 同法案を提出したErlpe John Amante議員のスタッフRonald Madrigal氏は、次の手続としては、本法案は下院本会議によって審議され、採択に付されることとなるが、そのスケジュールは未だ決定されていないという。

 もう一方の法案は、Paolo Benigno Aquino上院議員によって上院に提出されている。同氏は、Benigno Aquino大統領のいとこにあたる。

 これらの法案は、同国産鉱石の全てにおいて国内での製錬処理を義務付けるものであり、インドネシアの場合と同様に、フィリピンからのニッケル鉱石輸出が停止するという可能性が惹起されている。

ページトップへ