閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年9月19日 モスクワ 木原栄治

ウズベキスタン:NGMK、インドへのウラン鉱石供給契約に調印

 2014年9月3日付け地元報道等によると、ウラン及び金生産で世界トップ10に入るNGMK (Navoi Mining and Metallurgical Combine)は、今後4年間(2014~2018年)でウラン鉱石2,000tをインドに供給する契約に調印した。契約金額は35億US$である。契約調印により、ウズベキスタンはフランス、ロシア、カザフスタンと並び、インド市場へのウラン供給国リストに初めて加わることになる。ウラン供給については2013年、サルマン・クルシード・インド外相のタシケント訪問時に合意に至ったものの、現在まで協議中であった。

 1992年以降、ウズベキスタン産ウランの輸出独占権は米国Nukem社が有していたが、2011年にウズベキスタンは日本及び韓国とのウラン輸出長期契約に調印した。また、中国との同様の契約も検討中である。

ページトップへ