閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2014年9月26日 ロンドン 竹下聡美

タンザニア:Liganga鉄鉱山、Mchuchuma石炭鉱山及び600MW石炭火力発電所を2015年から建設開始へ

 2014年9月25日付けメディア報道によると、タンザニア国家開発公社(National Development Corp;NDC)は、2015年から投資総額30億US$に及ぶLiganga鉄鉱山、Mchuchuma石炭鉱山及び600MWの石炭火力発電所の建設を開始すると発表した。当該プロジェクトはダルエスサラームから南西900㎞に位置し、2011年9月に中国Sichuan Hogda社とNDCの間で共同事業契約を交わして進められてきたもので、Sichuan Hogda社は権益80%、NDCは残り20%を有している。NDCによると、2018/19年度には完工を予定しており、現在のNDC権益についても20%から49%まで増加させる計画としている。投資総額30億US$の内訳として、鉄鉱山に17億US$、石炭鉱山及び石炭火力発電所に13億US$が見込まれている。当該鉄鉱山は埋蔵量12億tでその大部分は輸出向け、石炭鉱山は埋蔵量5.3億tで発電向けとしている。なお、同国では2010年に政府が鉱山権益を取得することを可能にする鉱業法案が国会を通過していた。

ページトップへ