閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年9月29日 北京 森永正裕

中国:西部鉱業、2014年H1レポート発表

 西部鉱業の2014年H1の売上額は93.59億元で、対前年同期比11.98%減少したが、利益額は1.18億元で、2013年の1.05億元と比べ11.93%増加した。

 発表されたレポートによると、2014年H1の鉛、亜鉛製品の売上額は対前年同期比で多少減少し、銅類製品の売上額は対前年同期比5.83%の増加で、H1全体売上額の11.74%を占めている。

 また、2014年H1鉛精鉱の生産量は2.24万t、銅精鉱の生産量は1.59万t、ともに計画生産目標を達成した。市場の低下及び堆積場容積等の問題で、鉛・亜鉛精鉱生産は実施されていないため、亜鉛精鉱の計画生産目標は達成していない。2014年上半期の亜鉛精鉱生産は2.87万tで、達成率は93.66%であった。

 西部鉱業は、主に銅、鉛、亜鉛など非鉄金属及びマンガン等鉄金属への探査、採掘、選鉱、製錬、加工及びその製品の販売、非鉄金属貿易事業を展開している。2014年の売上計画額は200億元である。

ページトップへ