閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年9月30日 サンティアゴ 山本邦仁

アルゼンチン:Minera Alumbrera社、Bajo El Durazno銅金プロジェクトの探査開発契約を締結

 メディア報道によると、Minera Alumbrera社は、Bajo El Durazno銅金プロジェクト(Catamarca州)に関して、YMAD(Yacimientos Mineros de Agua de Dionisio)社と探査開発契約を締結した。Minera Alumbrera社は、60百万US$の初期費用を負担し、探査・開発事業を進める予定。

 同プロジェクトの位置するFarallon Negro鉱区では、YMAD社が40年前から調査を実施してきており、2013年に、Minera Alumbrera社は総掘進長5,000mのボーリング調査を実施した。Bajo El Durazno銅金プロジェクトでは鉱物資源量として2億tが推定されている。また、Catamarca州政府のニュースリリースによると、同プロジェクトから2kmの位置にあるBajo de la Alumbrera鉱山の選鉱施設を利用して、2015年~2016年初の間に60,000tの精鉱(金属量は銅:15,000t、金:100,000oz)が生産される計画とされる。

 Minera Alumbrera社は、Glencore、Goldcorp社、Yamana Gold社のJV会社であり、YMAD社はCatamarca州政府、Tucuman国立大学、アルゼンチン政府が運営する公社である。

ページトップへ