閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年10月6日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:Freeport-McMoRan、Candelaria銅鉱山の権益をLundin社に売却

 Freeport-McMoRan(Freeport)は、2014年10月6日付けニュースリリースで、同社が保有するCandelaria銅鉱山およびOjos del Salado銅鉱山の権益(80%)の売却に関する契約をLundin Mining社(加)と締結したと発表した。Lunding Mining社も同日付けニュースリリースで、同様の発表をした。

 売却は18億US$の現金支払いと、今後5年間で最大2百万US$の追加支払い(ポンドあたり4.00US$以上の銅価格の場合、収入の5%の支払いを受ける)を条件としており、これによりFreeportは約15億US$の税引き後純利益を得ることとなる。契約の発効日は2014年6月30日であり、今後、規制当局の承認を経て、2014年末までに取引が成立する見込み。

ページトップへ