閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年10月6日 リマ 岨中真洋

コロンビア:政府、環境認可プロセス迅速化の考え

 2014年9月22日付け及び26日付け業界紙によると、Santos大統領は、インフラ整備事業、鉱業、石油プロジェクトの実施促進措置として環境認可手続きの迅速化を図ること、及び環境、社会上のリスクを一層軽減する目的で、プロジェクト対象地域の設定に係る規定を厳しくすることを発表した。

 同大統領によれば、これらの変更で環境認可手続き期間は約5ヶ月に短縮される予定である。

 他方、Vallejo環境持続的開発相は、環境認可申請書が所定の条件を満たしているか否かの回答期間を従来の90日から70日とする政令を制定する予定であることを明らかにした。また同政令には、認可交付機関は、プロジェクトの規模及びインパクト次第で、中央政府か地方政府当局の何れが担うかを定めると説明した。既往認可の修正申請の対応期間は現行の60日を維持予定で、また、新たに設定する期間を厳守できるよう環境認可機関の再編を計画していること、環境認可は開発段階だけではなく試掘段階でも必要になると述べた。

ページトップへ