閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年10月6日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:経済大臣、鉱業に対する環境規制強化を表明

 2014年9月29日付け業界紙等によると、Ildefonso Guajardo経済大臣は、本年8月にGrupo México社の子会社Southern Copper社がSonora州で操業するBuenavista銅鉱山において発生した銅浸出液流出事故を受けて、環境や住民の健康を保護し安全を確保するため、鉱業に対する環境規制を強化する旨をメキシコ議会下院の経済委員会において表明した。

 政府による環境規制に関する法案に関しては、2007年に発生した同社がCoahuila州に保有するPasta de Conchos炭鉱において63名の鉱山労働者が死亡する事故以降、審議が保留となっていた。

 一方、同社は、8月の事故における河川汚染の除染対策費用として151百万US$の基金を設立したが、環境当局による制裁金のほか、事故に関連した訴訟問題にも直面している。

 なお、業界筋によると、同事故により同鉱山の拡張計画が遅延する見通しである。

ページトップへ