閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年10月8日 バンクーバー 山路法宏

加:Cameco社、Cigar Lakeウラン鉱山の鉱石から初の精鉱を生産

 2014年10月8日、加Cameco社は、仏AREVA社のカナダ子会社が運営するMcClean Lake鉱山のミルにおいて、Cameco社が操業するCigar Lake鉱山で採掘されたウラン鉱石からの精鉱の生産を開始したと発表した。

 Cigar Lake鉱山の採掘は2014年3月に開始され、これまでに1,400 tの鉱石がMcClean Lake鉱山のミルへ運搬されている。2014年7月に採掘エリアで一部不十分な凍結部分が見つかったことから一時生産を中止していたが、同年9月第1週に採掘を再開している。

 McClean Lake鉱山のミルでは、2014年に年間でCigar Lake鉱山の鉱石から最大1百万lb(約454t)のウラン精鉱を生産し、2018年までに年間18百万lb(約8,165 t)のフル生産まで増産する計画となっている。

ページトップへ