閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年10月9日 バンクーバー 山路法宏

加:BC州政府、廃さいダム安全検査の評価プロセス支援業務に関する提案を依頼

 2014年10月9日、BC州政府は、同州で認可を受けている全ての鉱山廃さい堆積場設備に対して毎年行われている検査(Dam Safety Inspections)に対して独立した第三者が行うレビューに関して、資格要件を満たしたコントラクターに対し、そのプロセスの管理・監督の支援業務にかかる提案を依頼したことを発表した。

 今年度の廃さいダム安全検査は2015年3月31日までに行われる予定であったが、2014年8月4日に発生した加Imperial Metals社のMount Polley鉱山の堆積場決壊事故を受けて、2014年12月1日までに前倒しで実施されることとなったほか、その検査結果に対して、本来は必要とされていない独立した第三者によるレビューを行う方針が明らかにされていた。

 提案者には地質工学的な知見が求められ、整合性を確保するための検査結果のレビューや評価プロセスの期間中ファーストネーションとの協力、収集した情報に関する報告書の作成、全ての提出物の公表等においてエネルギー鉱山省を支援することとなる。

ページトップへ