閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年10月10日 ロンドン 竹下聡美

英国:LME、倉庫改正ルール(LILOルール)を2015年2月から開始へ

 ロンドン金属取引所(LME)は2014年10月8日付で、LME倉庫改正ルールに違法性はないとして英国控訴院で露Rusalに勝訴したことを受けて、2015年2月から新たな倉庫ルール『ロードイン・ロードアウト(LILO)ルール』を開始すると発表した。また2014年10月8日から2週間、倉庫会社との間で協議を行いLILOルールの若干の修正を行うとしている。

 LMEによると、2013年以降市況が改善していること、また2013年7月に倉庫ルール改正に係る協議を開始して以降、搬出待ちを抱える倉庫会社がLILOルールへの参加を見越して入庫量より搬出量を増やす方向に変わってきていると前置きしながらも、現在も地金の相当数が引き続き在庫として積み上がっているとして、LILOルールがなければ搬出待ちの期間は長期化するだろうとコメントしている。また、LMEは2週間の協議プロセスを経て、市場関係者との協議を行った上で倉庫改革に関する追加情報を発表する予定で、これには搬出待ちに係る倉庫料の上限設定又は徴収禁止、倉庫事業の監査、プレミアム先物取引の規定化等が含まれる可能性があるとしている。

ページトップへ