閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年10月10日 モスクワ 木原栄治

ロシア:コラ採鉱冶金会社、7億5,000万ルーブルの立坑設備更新を実施中

 2014年10月6日付け地元報道等によると、コラ採鉱冶金会社(Norilsk Nickel子会社)のSeverny鉱山では、坑内昇降機の電気駆動装置・制御装置の更新が進められている。同立坑では人や資機材の昇降、年間50万t以上の鉱石搬出が行われている。現在の坑内昇降機は直流電気駆動で、4本ケーブルの巻上機が使用されているが、長期間の使用により電気駆動装置・制御装置が旧式化・老朽化しており、非常事態が発生する恐れがある。更新により、坑内昇降機の直流モーターはカゴ型モーターに交換され、最新式の周波数変換器、スイッチギヤ、保護回路システム、マルチプロセッサシステムによる運行制御・管理・調整装置が設置される。また、映像伝送機器による可視化システムの導入も予定されている。更新を行うことで、坑内昇降機の信頼性が向上し、最新診断システムによる迅速なトラブルシューティングにより停止時間の短縮ができる。総額7億5,000万ルーブルを超える同プロジェクトは2015年1月完了を予定している。

ページトップへ