閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2014年10月10日 シドニー 矢島太郎

豪:BHP Billiton、WA州ピルバラ地域の鉄鉱石増産及び生産コストの削減計画を発表

 2014年10月6日、BHP Billiton(BHPB)鉄鉱石部門代表ジミー・ウィルソン氏は、BHPBのWA州ピルバラ地域の鉄鉱石生産量を増加させるとともに、鉄鉱石生産コストを2014年度の27.50 US$/tよりも25%以上削減する計画を発表した。BHPBは2017年までに鉄鉱石の生産量を65百万t増加して約290百万t/年とし、さらに3年間で港湾施設の拡張及びJimblebar鉄鉱石鉱山のインフラ改良に20億US$を投じることで、鉄鉱石の生産コストを20 US$/t以下に削減する計画である。最終的には現在豪州で最も低い20.40 US$/tで鉄鉱石の生産を行っているRio Tintoよりも低い生産コストを実現することを目標としている。地元各紙は、鉄鉱石価格が低迷して他社の業績が悪化している中、BHPBは主力事業の競争力強化を積極的に押し進めていると報じている。

ページトップへ