閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年10月13日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Grupo México社、銅浸出液流出事故による環境被害対策費が134百万US$

2014年10月3日付け業界紙等によると、環境保護連邦検察庁(PROFEPA)は、Grupo México社の子会社Southern Copper社がSonora州で操業するBuenavista銅鉱山において、8月に発生した銅浸出液流出事故による環境被害への対策費が18億ペソ(134百万US$)に達する旨を明らかにした。 地元紙によると、同事故は同州史上、最悪の環境災害である。 また、同社が10月末までに同事故に環境被害等への修復計画と地域等への補償計画を提出する見通しである。 一方、国家森林委員会(CONAFOR)によると、同事故による被災地域への短期、中期、長期的な影響を考慮し、同社は恒久的に周辺の水質、土地、家畜及び大気の状況を監視し、評価することが義務付けられた。 なお、Ildefonso Guajardo経済大臣は、メキシコ議会下院経済委員会において、同事故を鑑み鉱業に対する環境規制の強化を図る旨を明らかにした。

ページトップへ