閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年10月20日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:環境保護連邦検察庁、環境規制違反の31鉱山に閉鎖命令

 2014年10月10日付け業界紙等によると、環境保護連邦検察庁(PROFEPA)は、環境規制に違反している31鉱山に対し閉鎖を命じた旨を明らかにした。

 PROFEPAは、採掘許可等法的手続きの下、操業を行っているメキシコ国内1,252鉱山のうち、約50%に当たる617鉱山に対し本年9月末までに査察を実施したところ、環境規制に違反している31鉱山に対し、24鉱山を一時閉鎖、7鉱山を部分的に閉鎖する措置を命じた。本31鉱山の州別内訳は、Puebla州が15鉱山、Querétaro州が5鉱山、Colima州が4鉱山、Guanajuato州が2鉱山、Baja California Sur州、Sonora州、Chiapas州、Tabasco州及びJalisco州がそれぞれ1鉱山となっている。この他に、74鉱山に対しては緊急安全対策の実施を命ずるとともに、257鉱山に対しては軽微な規制違反を指摘した。

ページトップへ