閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年10月20日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Peñoles社、Guerrero州の多金属鉱山に268百万US$投資

2014年10月15日付け業界紙等によると、Peñoles社は、268百万US$を投資したGuerrero州に保有する多金属鉱山の開発状況をメキシコ証券取引所に対し報告した。 同社によると、本開発は着実に進捗しており、これまでに地表から鉱床までの斜坑の掘削と、必要な建物及び鉱石破砕の設計が終了した。なお、同鉱山は、年間粗鉱処理能力が1.3百万tで、鉛、亜鉛及び銅精鉱を生産する浮遊選鉱プラントを有し、2016年4月の操業開始を見込む。 また、同社は、Coahuila州に保有する硫酸ナトリウムプラントに対して42百万US$を投資し、年間生産能力を150千tにまで拡張する工事が当初の予定どおり進捗しているほか、本年Q2において5プロジェクトで総延長20,220mの試錐探鉱を実施し鉱床を捕捉した等を報告した。

ページトップへ