閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
パラジウム ベースメタル レアメタル
2014年10月20日 ロンドン 竹下聡美

英国:白金及びパラジウムの指標価格、2014年12月からLMEが提供へ

 ロンドン金属取引所(LME)は2014年10月16日付で、白金及びパラジウムのフィキシングとして知られる指標価格を取りまとめていたLondon Platinum and Palladium Fixing Company Ltd(LPPFCL)から指名を受けて、2014年12月1日から白金及びパラジウムの新たな指標価格を提供すると発表した。LPPFCLは、白金及びパラジウムの現在の値決めプロセスを見直すとして、その手法及び実施者について2014年7月31日から公募を行っていた。今回採択されたLMEは、独自のLMEbullionという運営管理及びコンプライアンス等の規制に対応可能な電子システムを採用するとし、システム開発は最終段階にあるという。LMEのChief ExecutiveのGarry John氏は、「LMEは金属産業の現物取引と金融取引の両面に強く、ロンドンでの価格形成メカニズムは我々のホームと言える。これを機にLMEの親会社である香港証券取引所(HKEx)の支援を得てアジア市場への拡大を目指す」とコメントした。なお、これまで白金及びパラジウムの値決めを行っていたのは、HSBC、Goldman Sachs、Standard Bank、BASF Metals Ltdの4社であった。

ページトップへ