閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年10月20日 ロンドン 森田健太郎

モザンビーク:大統領選挙及び総選挙の結果公表が遅延

 メディア報道によると、2014年10月15日に実施されたモザンビークの大統領選挙及び総選挙の結果公表が遅延している。当初は選挙実施後3日以内の公表が期待されていたが、10月20日になっても公表されていない。野党の一つであるレナモが選挙に不正があったとして無効を主張している。アフリカ連合(AU)や南部アフリカ開発共同体(SADC)は、モザンビークにおける選挙は公正に行われたとしている。

ページトップへ