閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年10月20日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:Valeが修正CoWを締結

 2014年10月17日付地元メディアによると、インドネシア政府とPT Vale Indonesiaは再交渉契約を終え、同日に修正CoWを締結した。政府側はエネルギー鉱物資源大臣を兼ねるハイルル・タンジュン経済調整担当大臣が代表で、PT Vale Indonesia側はNico Kanter取締役社長兼CEOが代表として出席した。Valeの声明によると、締結には政府側からはSusilo Siswoutomoエネルギー鉱物資源省副大臣、鉱物・石炭資源総局のR. Sukhyar総局長が、Vale側からはPeter Poppingaベースメタル部門執行役員が同席した。

 インドネシア政府とValeとの間に締結されたCoWは以下の修正を含む:

・ 同社CoWの鉱区サイズの即時縮小。また、2025年12月28日のCoW満了における同社が事業活動を維持するために必要となる鉱区を確保可能。

・ 売上高の2%(ニッケル価格の上昇によっては3%)をロイヤルティとして納付。

・ 同社株式の追加20%をインドネシア企業に売却。売却は5年以内に実施。

・ PT ValeはCoW有効期間後に事業を継続するための政府承認を要求可能。

ページトップへ