閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年10月27日 北京 森永正裕

中国:中国アルミ山東レアアース公司は淄博に拠点

現地報道によると、中国アルミ業山東レアアース有限公司の本社は淄博市に拠点を構える予定。同社は営業許可及び他の各種生産経営手続きを実施中である。これは、中国アルミ業が2014年8月に山東レアアース業界の統合を発表して以来、最新の動きとなった。 淄博市経済信息委員会によると、同委員会は、山東レアアース有限公司の営業許可及び他の各種生産経営許可の取得手続きをサポートしている。今後、淄博市政府は、国家レアアース原材料総量規制計画や特別項目資金等を申請する際に、全て山東レアアースという名義で申請する。 同時に、淄博市政府は、中国希有希土公司の希土類材料国家工事研究センターとの協力を強化し、山東省希土類材料産業基地である長春理工大学研究開発センターを設置し、レアアース末端実用分野における重要技術への研究開発及び産業化の進展を速める。 淄博市は、山東省のレアアース高度加工企業の集中地域であり、例えば、淄博包鋼霊芝レアアースハイテク株式有限公司、山東天璨環境保護科学技術有限公司、淄博宏泰防腐有限公司、山東中凱レアアース材料有限公司、淄博加華新材料資源有限公司等が進出し、主に希土類高度加工事業を展開している。

ページトップへ