閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2014年11月3日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:銅生産量、3カ月連続で前年同月生産量を下回る

 チリ国家統計局(INE)の発表によると、2014年9月のチリにおける銅生産量は464,572 tで前年同月比5%減少した。前年同月生産量を下回るのは3ヶ月連続となる。8月生産量の483,170 tから、3.8%減少した。2014年1~9月の生産量は、428万7千tであり、前年同期比1%増加となっている。INEは、この減少は鉱石品位の低下や関連施設の大規模定期補修などが原因であると説明している。

 2014年9月のモリブデン生産量は3,819 tで、前年同月比40%増加し、2014年1~9月生産量は前年同期比32.5%増の35,563 tであった。

 モリブデン、金、銀等で生産量は増加したものの、銅、鉄鉱石、リチウム等で減少したことから、9月の鉱業生産指数は前年同月比3.5%の減少となった。

ページトップへ