閉じる

ニュース・フラッシュ

2014年11月3日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Zacatecas州における鉱業クラスター導入は大成功

 2014年10月27日付け業界紙等によると、3年前にZacatecas州において導入された鉱業クラスターは、より多くの鉱業関連企業がサプライチェーンに参加することができ、同州鉱業の発展に大いに寄与したとしたほか、これを成功事例としてSonora州やChihuahua州でも導入が進められている旨が報じられた。

 Fresnillo社のOctavio Alvídrez代表取締役社長によると、Zacatecas州において導入された鉱業クラスターは、サプライヤーとしての鉱業関連企業の発展を促進し、同州経済の活性化と雇用創出に繋がる等、鉱業クラスター導入以来、結果が出ており、成功したと言える。また、州政府は州議会での承認の下、多くの支援を行ってきており、同州経済に重要となるダイナミックな動きを創出した。なお、この成功例を参考に、2か月前からSonora州でも導入が始まっており、全国規模に広がることが期待される。

 また、Peñoles社のFernando Alanís O.代表取締役社長によると、様々な工業分野においてクラスターは当該分野の発展を促進しているが、鉱業におけるクラスターも同様である。Zacatecas州の鉱業クラスターは非常に良く機能しており、同州を参考に他州においても導入が進められている。鉱業クラスターの導入はコスト削減をもたらすが、採掘等に関する新技術の教育や安全や環境に対する教育において、多くの鉱業関係企業の職員を効率的に集めて研修を実施することが可能となり、有効的なコスト削減に繋がっている。

ページトップへ