閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2014年11月3日 モスクワ 木原栄治

ロシア:Sayanogorskアルミニウム製錬所、輸入代替を促進

 2014年10月27日付け地元報道等によると、Rusal傘下のSayanogorskアルミニウム製錬所(SAZ)は、不安定なアルミニウム価格、対露経済制裁という状況下において、輸入代替計画を実施している。

 SAZのアントン・サフチェンコ所長は、「当製錬所は、アルミニウム事業部門の発展戦略に従い、アルミニウムの品質を落とすことなく、3年以内にコークスを輸入品から国産品に切り替える。輸入品の特殊機器は、クラスノヤルスクのRussian Engineering Company社製の国産機器に切り替える。輸入品と遜色なく、メンテナンスや修理は安くなる。」と述べている。

 輸入代替を強化する一方で、合金生産の拡大、顧客ニーズへの迅速な対応、国内外で需要のある新たな高利益製品の製造のため、SAZは鋳造設備の大規模な近代化(1,600万US$以上)を進めている。

ページトップへ